民主商工会 兵庫県商工団体連合会 兵商連 元気に商売続けよう!!

[民主商工会・兵庫県商工団体連合会 WEBサイト]

お知らせ

基地をなくし安心して暮らしたい [2010.7.23]

安保宣伝 20100723 (2).jpg

兵庫県商工団体連合会も加盟する安保破棄兵庫県実行委員会は、23日神戸元町駅前で定例宣伝をおこない「沖縄の普天間基地は即時・無条件撤去を。基地は日本のどこにもいらない」と署名への協力を訴えました。

普天間基地の周辺には小学校もあって米軍機の爆音のなかで学んでいます、と話すと「テレビで見ました。基地は出ていってもらうしかないですよ。」と署名に応じてくれました。猛暑のなかでしたが、夏休みの小学生も親子で署名に立ち止まってくれました。

 

宜野湾市の住宅街の中にある米軍普天間基地は「世界一危険」といわれており、すぐに撤去すべきです。普天間基地にいる海兵隊は、イラクやアフガニスタンなど世界各地への「なぐりこみ部隊」であり、平和のための「抑止力」ではありません。このことは歴代のアメリカ政府・高官が証言しています。

 

在日米軍経費の予算は3369億円(思いやり予算、SACO経費、米軍再編費の計)。これは米兵一人あたり100万円に上ります。ちなみに中小企業予算は1890億円と、一社あたりでは4万円です。

 

兵商連・全商連は、財政問題の根本である日米安全保障条約を廃棄し、平和友好条約を締結することを求めています。


ページトップへ