民主商工会 兵庫県商工団体連合会 兵商連 元気に商売続けよう!!

[民主商工会・兵庫県商工団体連合会 WEBサイト]

経営

地域経済を破壊するTPP参加に反対します [2011.10.26]

TPPに参加するとどうなるの?

 民主党・野田首相は、11月のAPEC(アジア太平洋経済協力会
議)首脳会議にむけてTPP(環太平洋連携協定)参加を決定しようと
しています。
 TPPは、関税を原則撤廃し、農産物の輸入を完全に自由化するもの
で、農林漁業と国民の食料に大打撃となります。さらに、「非関税障
壁」撤廃の名の下に食の安全、医療、金融、保険、官公需、公共事業の
発注、労働など、国民生活のあらゆる分野での「規制緩和」につながり
ます。
 日本の農漁業をはじめ、地域経済そのものが破壊されるのです。
TPP参加反対の世論は、農漁業団体をはじめ、国民各層で広く広
がっています。そして、その世論と運動が国会内に影響を与え、議員の
多くが「慎重審議」や「参加反対」を訴えています。
 私たち兵商連は、TPPに参加しないことを求める要請ハガキを国会議員に届けたり、署名用紙を活用
し地元選出の国会議員などへ働きかける運動をすすめています。


ページトップへ