民主商工会 兵庫県商工団体連合会 兵商連 元気に商売続けよう!!

[民主商工会・兵庫県商工団体連合会 WEBサイト]

お知らせ

中小業者の資金繰りに朗報!緊急保証制度融資の対象業種が拡充されました [2009.2.18]

きびしい資金繰りが続く中、民商・全商連の「商売が続けられる資金を」の運動が実り、中小業者を対象とした融資の、緊急保証制度の対象業種が拡充されました。
これで対象業種は、全体の84%にあたる760業種になりました。
引き続き、民商では、「全ての業種を対象に」するよう運動をしていきます。
 
また、兵庫県、宝塚市、尼崎市、姫路市でも制度融資の改善・拡充がされています。
神戸市では、来年度予算案の記者発表資料で、国の緊急保証制度と連携し、「経済変動対策資金融資」の限度額を8000万円から1億円に拡大。融資期間を7年から10年に延長するとともに、小規模事業者向けの小口融資(400万円以下)の信用保証料の補助も拡充すると発表しました。
 明石市では、10万円を限度に費用の10%を助成する「住宅リフォーム助成」を復活し、住宅関連製品の消費拡大を図るとしています。
 西宮市では、民商が交渉を重ねるなか、小規模修繕契約希望者登録制度が4月1日から上限30万円を50万円に引き上げるなど、大きな成果が生まれています。

厳しい経済・金融危機のなか、働きかければ自治体としても考えざるを得ない状況です。
 中小業者の実態をもとに、「仕事と資金を!」の制度の改善・拡充を求め、力を合わせていきましょう。


ページトップへ