民主商工会 兵庫県商工団体連合会 兵商連 元気に商売続けよう!!

[民主商工会・兵庫県商工団体連合会 WEBサイト]

お知らせ

憲法が輝く県政に!憲法県政の会が総会をひらく [2008.2.12]

憲法が輝く県政にしようと活動している「憲法が輝く兵庫県政をつくる会」の、第3回定期総会が、2月7日神戸市内で開かれ、県下から70人が参加しました。
総会では、「写真でつづる07年運動の軌跡」のスライド上映のあと、議案提案、代表幹事の神戸女学院大学の石川康宏・教授が特別報告、民青同盟から「青年川柳」が披露、県行革連絡会、保険医協会、新婦人、日本共産党の代表がそれぞれ発言しました。
提案では「井戸県政となり6年余りが経った。県民に冷たい県政によって、人間の尊厳が奪われるほど貧困に巻き込まれている。憲法を柱にすえ、くらし、平和を大切にする県政をめざして運動をすすめる。1月29日に知事に要望書を提出した。来年の知事選に向け、候補者を早く決め、取り組みを強める。そのため県下すべての地域に「地域の会」をつくり、学習活動と組織づくりに努力しよう」と報告。
石川教授は「知事選に勝利するためには、候補者が決まらなくても、ビラがなくても、今の県政について、わかりやすく語れるかどうかだ。今回、出版した本『We Love Hyogo』で、無数の学習会を開催し、県政の語り部になろう」と訴えました。


ページトップへ