民主商工会 兵庫県商工団体連合会 兵商連 元気に商売続けよう!!

[民主商工会・兵庫県商工団体連合会 WEBサイト]

お知らせ

納税者の権利無視の調査が横行 民商のみなさんの支えと記帳をもとに、権利を主張できました(手記) [2007.9.5]

 私は、息子と2人でリサイクル店を営んでいます。5月に大阪国税局と尼崎税務署員による税務調査を受けました。朝9時前に自宅と店に合計7人の署員が突然やってきて、調査を始めました。何がなんだかわからないうちに、従業員にも話を聞き始めました。家の方は、夕方まで調べられ、記帳ノートなども持って帰ってしまいました。
 私は不安になり、知り合いから尼崎民商を紹介され、さっそく事務所を訪ねて入会し、調査の心得などを教えていただきました。納税者に権利があることがわかり、だんだんと気持ちの整理がついてきました。
 土谷洋男会長や事務局員の皆さんの応援をいただきながら、調査に臨みました。「調査にあたって事前通知がなかったこと」「具体的な調査理由」「従業員のかばんの中まで調べたこと」なども質問しました。10回目で無事に終了することができました。
 自分の商売の内容をきちんと記帳し、ノートを作成してのがよかったと思います。また、なによりも民商に入って、しっかりと学習し、応援をいただいたことが大きかったと思います。今後とも、息子ともども商売を頑張っていきたいと思います。


ページトップへ