民主商工会 兵庫県商工団体連合会 兵商連 元気に商売続けよう!!

[民主商工会・兵庫県商工団体連合会 WEBサイト]

民商とは

集まって楽しく交流  民商(民主商工会)は、中小業者の営業とくらし、権利を守り、社会的・経済的地位の向上をめざして運動をすすめています。
  自らの帳簿に基づいて自分で税額を計算し、自分の責任で税額を決める「自主計算・自主申告」、金融対策や税金対策などに頭を痛める中小業者の悩みに応える 「なんでも相談会」をはじめ、消費税増税反対・廃止、大型店の出店規制、商店街や地場産業の振興など、地域に根ざした中小業者の営業を守り発展させる運動 に取り組んでいます。
 会員は、主に従業員9人以下の中小商工業者であり、その業種は、建設業、飲食業、小売業、サービス業などさまざま。全国の都道府県に約600の民主商工会(民商)があり、25万人の仲間がいます。
これが民商の魅力 ぜひご入会ください

商売をのばし、生きがいをみつけられる

 「経営をのばしたい」「商売をつづけたい」―この思いは中小業者の切実な願いです。民商は経営努力などを話し合う「商売を語る会」「商工交流会」「商工 フェア」を開催しています。仲間どうしで「商売繁盛計画」をたて、知恵や経験、技術の交流で商売への活力を生み出しています。また、地域経済の振興のため「わがまち中小業者宣言」運動や「地域経済 振興条例」づくりにとりくんでいます。

前向きの融資で商売つづける

「借りても返されへん」とあきらめていませんか?

 全国の民商などの努力で、セーフティネット保証が大半の業種に広がりました。民商は、金融機関や信用保証協会に申し入れ、「税金滞納があっても」「条件を変更していても」「赤字であっても」相談にのるとの回答を得るなど、緊急・切実な融資要求の実現に全力で取り組んでいます。

税金の猶予などの法律を生かそう

 身ゼニを切って支払う消費税、高すぎて「払いたくても払えない」高い国保料(税)などの負担が、経済危機のなかで、営業とくらしをいっそう圧迫しています。「分納で毎月納めているのに売掛金を差し押さえられた」「先日付小切手を切られ納付を迫られている」など、税務署や地方自治体は、強権的な徴税攻勢をかけています。まさに、「払えないのが悪い」と、言わんばかりです。

 民商では、納税の猶予・徴収の猶予の学習会をおこない、集団で申請し、納税者の権利を認めさせる行動に立ちあがっています。

 税金の滞納は、「恥ずかしい」と、ほっておくのではなく、民商と一緒に、法律に基づく権利を行使し、税金につぶされない対策を立てていきましょう。

税務調査について10の心得 滞納処分から身を守る10の対策

社会保障の充実を

 民商は、国民健康保険料(税)の減免や分納の申し入れ、保険証とりあげをゆるさない運動をすすめています。介護保険でも、保険料、利用料を引き下げ、安心して介護が受けられるよう改善を求めています。

助け合いの民商共済会

 体の調子が悪くても、とことん我慢しているのが中小業者の実態です。医療保険制度の改悪をはじめ、社会保障の切り捨てがすすむなか、民商・全商連共済会はいのちと健康を守る運動を、人間の尊厳を守る運動として位置付け、多彩な活動に取り組んでいます。
 仲間どうしが助け合う自主共済の活動は、ほかの保険や共済にはない「民商共済」ならではの魅力を生み出しています。民商会員はもちろん、夫婦で加入し、助け合いの輪をさらに広げましょう。

集団健康診断

 仲間どうしで声をかけあい、「もし病気が見つかったら」などの不安もみんなで乗りこえる、民商ならではの健康診断です。健康診断は、自らの健康状態を知る上で、とても大切です。年に一度は民商の健診で受診しましょう。

仲間の数が力になり発展

 すべての民商の仲間が加入してこそ、助け合いの内容はいっそう豊かになります。
 創立以来、のべ127万人余の加入者に773億円を超える共済金を届けてきました。支払われた共済金は会費収入の8割を超え、他の共済ではまねのできないものです。

病気にならない体づくり

 各地の民商では「病気にならない体づくりを」と、食生活の見直しや血圧チェックなどとともに、健康講座・保健大学などを開催。「身体、健康を見直すきっかけとなった」と好評です。スポーツなど日頃の運動不足やストレスを発散することも大切です。

婦人部・青年部も元気!

婦人部・青年部も元気!

あなたの入会が要求実現の力になります

 私たちは創立以来、つぎの「3つの理念」を運動の指針にしてきました。あなたの 入会が切実な要求実現の力となります。

民商運動 3つの理念

1. 民商・全商連運動は会員の利益・幸せだけでなく、中小業者全体、大きくは国民全体の幸福とつながっている。要求と活動方法が道理に合ったものであったからこそ、さまざまな権力的攻撃のなかでも一貫して前進している。
2. 団結こそ何ものにも勝る宝である。自らが大きく団結したときこそ、中小業者の切実な要求を実現することができる。
3. 中小業者は、共通する要求で、労働者、農民などの国民各層とともにたたかうならば、その要求実現の道をさらに大きく切り開くことができる。

※ もっと民商の内容を知りたい方、民商に入会ご希望の方、入会を相談したい方、全国商工新聞の購読ご希望の方は最寄の民商までご連絡ください。

最寄りの民商を一覧から探す

入会・新規購読・お問い合わせはこちら


ページトップへ